ブログ

モテブログ集

重い男のヘビーなセリフ「僕のこと好き?」

こんにちは。婚活講師のMr.イチハラです。  
恋愛不器用で少々女性と仲良くなっても距離を縮める時に失敗する重い男が大勢います。  
 
・LINEで既読がつかないだけで不安になる  
・好きな人ができたらその人で頭がいっぱい  
・嫌われないか不安で顔色をうかがってしまう  
 
好きな人ができたら多少はそういうのはあるでしょう。  
重い男の場合は誰か気になる人ができたら、頭の中でその気になる人が占める割合が大きすぎるのです。 これが学生の初恋ならいざ知らず、重い男は社会人になっても場合によっては30〜40代になっても失敗から学ばず女性から逃げられる恋愛を繰り返します。  
 

(1)僕のこと、どう思う?  
 
類義語「僕のこと、どう思う?」  
これは言ってはダメです。3回ぐらい二人で食事をしたとします。脈ありかどうか気になり白黒つけたくて告白を迫ってしまう。  
この一言で「ウザい!!!」と思われて連絡が途絶えるケース多いです。嫌いじゃないしいい人だと思うけれど、ちょっと様子見という状態です。そのまま友だち止まりのケースもあるかもしれませんし、何かのきっかけで好きになるという可能性もあるかもしれません。 しかし、まだ様子見なのです。このタイミングで付き合うかどうか迫ってくる男はウザいのです。  
あなたも何か食べ物を試食して美味しいと思うけれども、買うまでは至らない場合があるでしょう。その時に「買う」・「買わない」・「検討する」と3つの選択肢があれば楽ですよね。「買うなら試食していいですよ」といわれたら絶対に買わないでしょう。  
「好き」「嫌い」の間に「人として好き」「友だちとして好き」「魅力的だけれどあわなそう」など好意にもいろんなレベルがあるでしょう。二人で食事に行くぐらいなのだから嫌いではないはず。そのグレーな状態ですぐに白黒つけさせたがる男は重いです。  
 

(2)どこを直したら好きになってくれるの?  
 
類義語「どこを直したら好きになってくれるの?」  
こういう自分がない男は重いです。自分一人でも楽しく暮らせる男性じゃないと、好きになってもらうという依存体質の男はウザい。  
「よいお友達としてなら」「私とはあわないかもよ」「今は誰ともお付き合いする気になれないの・…」など付き合う気はないことをやんわりと伝える女性がおります。はっきり言うより察して傷つけないようにという遠回しな優しさでしょう。  
女性は他にもいるのだからそこで切り替えましょう。 しかし重い男はそこで「どこを直したら好きになってくれるの?」など相手に迫ります。辞めましょう。他人の感情は変えられないのです。自分の考え方を変えるほうが先なのです。  
 

(3)以前の彼氏はどんな奴?  
 
付き合ってから、関係を破たんさせるのは女性に根ほり葉ほり過去の経験を聞きたがる重すぎる発言。他の男と比較されるのが嫌いなくせに。「以前の彼氏はどんな奴?」「どんな所でデートしてた?」などいつも事細かに詮索されていたら、「ほんとメンドクサイ男!」と怒らせるかも。  
まじめに未来を考えていたとしても「プライベートを尋問される」感はイヤなもの。義務感で一緒にいれば居心地が悪くなり、結果的に選ばれなくなります。  
 
重い男が恋愛成就するためには・・・  
 

【対策1】彼女がいなくても夢中になれる仕事や趣味を持つ  
鉄板ですがコレ。何かに尽くす、そのエネルギーを仕事で使い切ってください。  

【対策2】思いっきり振られて身をもって学んでくる  
頭では分かっていても感情は抑えられずうっかり。。。。ならばいっそのことイタイ経験をして身をもって学んできては?女性の言葉で「辞めて欲しい」と聞いたらやめれるかもしれない。  

【対策3】駆け引きをしない結婚相談所等で出会う  
知りあいから彼女へと距離を縮めるタイミングで失敗するならば、自然な出会いは向いていないと諦めて。結婚相談所など結婚の意思が明確で駆け引きしない場で出会うようにするのも一つの方法です。  

【対策4】結婚の学校1日体験スクールに参加をする  
一番お薦め対策としては。結婚の学校体験スクールにて、あなたが上手く行かない原因をすぐにでも知ることです。  
 
【クリック】 
(結婚の学校/認定婚活講師 市原壯一)